朝活

夜のお散歩が好きだと先日お話ししましたが、朝早起きした時の空気、というのも気持ちが良くて好きです。
目覚めるのが億劫な日も、ごみ捨てなどで早起きして外の空気を吸うと、この時期でもまだ冷たい空気が体の中に巡っていくような感じがして、それがとても心地良いんです。
そのまま家に戻ってしまうのもなんだかもったいなくて身支度を整えてから本を持って、少し出歩くことにしてみました。
最初は特にあてもなく散歩をしていて、適当に公園にでも行って読書をしようかなと思っていたのですが、近くにあったお店が朝から開店しているのが目に入りました。
朝起きて何も食べていなかったので、久しぶりにモーニングを食べるのも良いな、と思いそのままお店に入ったのですが、人が少ない店内でゆっくり朝食を食べながら本を読む時間はとても快適でした。
朝食なんて結構雑に済ませたり、何なら食べない日もあるので、焼き立てのトーストにゆで卵にサラダ、カフェオレを朝から楽しむなんて中々贅沢な朝だったかもしれません。
この時期はしばらくすると日差しがキツくなってくるのが玉に瑕ですが、日光浴と思えば、朝の健康的な食事も相俟ってとても健康的ですね(笑)
流石に毎日のようにこういう朝を過ごすことはできないのですが、1ヵ月のうちに1、2回はこういう朝活をしたいなと思います。

殺戮にいたる病

本日は、読書レビュー?感想?もどきになります。
今回読んだ本は、サウンドノベルゲーム「かまいたちの夜」で有名な我孫子武丸先生の「殺戮(さつりく)にいたる病」です。ちなみに「我孫子武丸」で「あびこたけまる」と読みます。なかなか難しい読み方ですが、千葉県に我孫子市(あびこし)があるため、わたしはすんなり読めました(笑)
この作品ですが、叙述トリックでとても有名な一冊で、叙述トリックでおすすめの作品で必ずといって名前があがります。タイトル通り、殺戮シーンがあります。とびっきりにグロいです。
とても良い作品ではあるんですけど、正直そういうのが苦手な人にはおすすめできません。かなりエグいです……。わたしもずっと気になっていたんですけど、怖いのとかグロいのが得意でないのでなかなか挑戦できないでいました。
結果からいって、すごく面白かったし、叙述トリックに気づいたときはやられた!と思ったし、二度もしっかり読み直しました。読んでよかったと思えましたが。お見事な大どんでん返しです。が、やはり結構描写がなかなかのえぐさですね。
いろんな意味で映像化は不可能な名作なので、叙述トリックがお好きな方にはぜひ読んでほしい作品です。

夜散歩

みなさんは、お散歩好きですか?わたしはお散歩が大好きです。
気候の良いとき、景色がきれいなとき、ふと外を歩くと癒やされます。癒やしだけではなく、歩くことは健康にも良いので一石二鳥。
読みたい本を一冊持っていき、景色を楽しみながら歩き、良さそうなスポットがあったらそこで読書にふける……なかなか贅沢な時間かななんて思ってます。
最近は、お散歩兼健康のためのウォーキングとして出歩くことが増えました。ちゃんと足を痛めないようにウォークング用のシューズを履いて、スマートウォッチをつけて、リュックにタオルと飲み物と一冊本を入れて歩くんです。
結構寒い日や涼しい日ですら1時間も歩けば熱く感じてきますし、普段インドアで読書ばっかりしてるから軽めの運動でもすぐ汗をかいてしまいますね。
ウォーキングしていて思ったのは結構日差しが気になるのと、場所によっては人の多さが気になりました。日焼け止めは塗ってるとはいえ、なるべく日焼けはしたくありません。
人が多いと歩きにくいし、おしゃれしてるわけじゃないから人目もちょっと気になります(笑)
そこで人の少ない夜にウォーキングをためしにやってみたところ……これがなんと思ってたより快適です!日焼けの心配は当然しなくていいし、人が少ないので気持ちよくお散歩できます。それに夜見ると昼見るときとちがって景色がみえるのも新鮮です。
もちろん防犯上あまりよくないのかもしれないので、なるべく大通りのそばなどを歩いています。
そのままお気に入りのスポットで読書……とはいかないけど夜散歩、気に入りましたね。

ネイルシール

本を読んでいるときに、自分の指先に目が行くので、わたしは常に指先はきれいでいたいと思っています。読書にかぎらずだけど、指先がきれいってだけでなんとなく毎日幸せな気分ですごせます。
そんなわけで、日頃のハンドケア、ネイルケアはもちろんのこと、ネイルサロンに行ってジェルネイルをしてもらっています。指先がキラキラしているとそれだけで気分があがるんですよ。もともと自爪がもろくて、すぐに亀裂がはいっちゃうので補強の意味もあります。
けど、ジェルネイルを施すときに表面を軽く削るため、ずっとつけ続けてると爪がもろくなるので、たまにネイルをお休みしなくてはいけません。今、ちょうどネイルをお休みしているわけですが…亀裂がすでに数本入っていて悲しくなります。
あとネイルしてないと、爪から温度が伝わりやすいというか…すぐ折れてしまいそうだしで落ち着きません。そこで、ネイルシールというものがあるのでそれを使ってみました。
100円ショップで買える爪に貼るだけの薄めのシールなんかもありますが、爪の補強も兼ねて、LEDライトをあてて硬化させるタイプのネイルシールを買ってみました。半分硬化してるジェルネイルを自分の爪に貼る感じなので、爪もしっかり補強されるし、見た目もぷっくりとしていい感じです!オフも自分で簡単に行えるみたいで、思った以上によかったです。
けどやっぱ、爪の間に隙間ができてそこに髪の毛が挟まったり、1週間くらいでやや浮いてくるので、爪のお休みが終わったらまたサロンでジェルネイルしてもらおうと思います。

置き配

最近は本屋さんが減ってしまって、ほしい本を買うときはネットで通販を行うことが増えました。ほしい本を選んでボタンひとつで翌日には届く…便利ですね。
某大手通販サイトで本を買うことが多いのですが、「置き配」といって不在時でも家のドア前に荷物をおいていってくれるサービスがあります。時間指定できない場合やすぐにほしいけど、配達時間に自宅にいない場合などにすごく便利で多様していました。
けど、数日前のことですが、自宅ドアに宅配便の不在伝票が挟まっていました…。見ると某大手通販サイトからでした。いつも置き配なのになんで?と思いましたが、不在票が入っている以上しかたがないので、翌日受け取りで再配達の手配をしました。
翌日、運送会社さんから突然の電話が…。
運送会社の手違いで、頼んでた再配達の荷物がその日のうちに配達できなくなってしまったという謝罪の電話でした。残念だけど、運送会社さんも大変だしと思って翌日に届けてもらうことにしました。
そのついでに、いつも置き配だったのにどうして急に置き配でなくなったのかときいたら、やっぱり置き配ってトラブルが多いみたいです。
わたしは運良く今まで荷物を盗まれたことや、壊されたことはありませんが、そういったトラブルが多発してるようで、不在時の置き配はやらなくなったみたいなことを言われました。在宅を確認しての置き配はできるといわれましたが、それじゃ意味が…。
性善説で成り立ってるサービスってこうやって何かあればだめなっちゃうんですね。これからはちゃんとスケジュール見て頼むことにします。

失敗からエアタグを

先日、私の中で大事件がおきました。自宅の鍵や自転車の鍵などを全部つけたキーケースを紛失したのです。大事件といったら大げさなんですけど、私にとっては初めての経験で全身の血の気が引くほど焦りました。まず、ないことに気づいて、自分の手持ちの荷物を何回も確認しましたがどこにもありません。そこそこの大きさがあるので、荷物の間に紛れるとか本の間にはさまっているとかそういうこともないと思います。
とりあえず家族に相談したら、どこで落としたの?と聞かれました。それがわかってたらすぐに見つかるんだけど…それがわからないから見つからないんですよね。立ち寄ったお店でお財布をだしたときにでも落としたのかなと思って、寄った本屋さん、コンビニに聞いてまわりましたが落とし物はないと。それで電車にものったので駅の落とし物センターにも行きましたが該当の落とし物なし。最後に交番へ行き、遺失物届けをだしてきましたが気分は絶望…。とぼとぼと歩き、ダメ元で自分の自転車を停めている駐輪場を見たら…ありました(泣)なんと自転車のかごに鍵があったんです。見た瞬間体から力が抜け落ちましたね。いろんな人に迷惑をかけてとても反省しました。
それから今後二度と、こんな思いをしたくないのでエアタグを買いました。早速鍵とお財布に入れて登録。一番は落とさない、なくさないことなんですけどこれで少しだけ安心かな。お守りみたいなものです。

読書用BGMをかけてみる

最近、動画サイトで「読書用BGM」とか「読書力を高めるBGM」というものがアップされていることに気づき、再生してみたらヒーリングミュージックというかいやし効果がありそうな音楽が再生されました。
ピアノの穏やかな曲もあれば、カフェなどでかかっていそうなしっとりとしたジャズ、マッサージ店などでかかっていそうな神秘的な曲など様々です。
読書するのなんて、音がないほうがいいんじゃないのかななんて思ってたんですが、せっかくなので再生しながら読書をしてみたら、思ったより良かったです。歌詞があるわけでもないので、耳がそっちに気を取られるということもなく、しっかり集中して読書することができました。どうやら、読書しているときに音楽を聞くことにより、脳内でアルファ波とシータ波という脳はが発生するみたい。どちらもリラックスしているときに現れる脳波で、集中力や想像力が高まるという効果があるそうです。もちろん、どんな音楽でも読書に向いてるというわけではなく、歌詞があったり、アップテンポの曲だったりはやはり不向きみたいで、あとは音量も抑えめが良いようです。
川のせせらぎや波の音なんかも良さそうなので、今度はそれらをかけて読書してみようと思います。

自転車の取締強化

道路通法が改正されて、自転車の罰則が強化されたようですね。
私も自転車は駅に向かうときや地元の図書館へ行くときなどちょこちょこ乗るので他人事ではないです。
強化される内容としては

・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
・通行区分違反
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
・遮断踏切立ち入り
・交差点安全進行義務違反等
・交差点優先者妨害等
・環状交差点安全進行義務違反等
・指定場所一時不停止等
・歩道通行時の通行方法違反
・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
・酒酔い運転
・安全運転義務違反信号無視

らしいです。
信号無視や酒酔い運転がだめなことは言われなくとも理解できますが、運転免許を持っていないため、知らないこともたくさんありました。気をつけないと。

たしかに危険な運転をしている方もいると思うので、そういう人を取り締まるのは賛成ですが、狭いわりに交通量が多い道なので自転車が走行するのはかえって危ないなと感じるのでそのへんもどうにかしてほしいなと感じました。
あとは、スマホを凝視しながらの歩きスマホの方も危ないので、取り締まらなくてもいいけど、そういった方ももう少し周りを見て歩いてほしいですよね。
誰も事故を起こさないに越したことはないので、みんなで気をつけて安全に行きたいものです。

懐かしの夢小説にキュン

学生のころ、夢小説(ドリーム小説)というものに一時期はまっていました。ドリーム小説とは、特定の登場人物の名前を自分で好きに設定すると、小説内の登場人物が自分の設定した名前に変換されるネット小説のことです。主に名前変換ができるのはヒロインのことが多くて、漫画やゲーム、ドラマなんかの二次創作がメインの短編の恋愛小説がほとんど。ヒロインの名前を自分の名前に変換することによって、あたかも小説の主人公になった気分になれるし、より感情移入できるところが良かったです。
夢小説ってものがあるよって友達に教えてもらって、その友達と当時はまっていた芸能人の夢小説を読み漁りました(笑)短編で読みやすかったし、感情移入もしやすかったし、いろんなシチュエーションで好きな人物やキャラクターとの恋愛を楽しむことができて当時すごいはまったんですよね。
今でもあるのかなあって調べたら、今でも盛んに書かれて、読まれているんですね。なんだか懐かしいなって思いました。
ためしに今ハマっているジャンルの夢小説を読もうかなと思って、数作品パラパラと読んでみたのですが、やっぱり今読んでも良いですね。シチュエーションが刺さればかなりキュンとします。今度は私が書き手としてなん作品か書いてみようかな!

詩への触れ方

詩を読む、ということを初めてやったのは小学校の低学年の頃だと記憶しています。その頃はただ暗記し先生の前で読み上げ、合格シールをもらうことが目的になっていて(本当のところ先生方がどういう目的かは分かりませんが)、当時は内容までは考えたことがありませんでした。でも今になって思うと、実は有名な詩人さんの詩にたくさん触れていました。改めて声に出して読んでみたり言葉を見てみると、いろいろと考えさせられることが多かったです。
以前、詩に歌が付けられたものを紹介されたことがあります。言葉を見、読んだ印象としては深い言葉が紡がれた詩でした。ヒトの真理を表しているような難しい詩だと思ったのですが、いざ歌に乗せてみるとそのメロディは明るく軽快なリズムで、印象が全く変わりました。「歌う」という表現がその詩についてまた違った解釈をさせてくれたのが、すごく面白かったです。詩一つとってもいろいろな表現があるのだと刺激を受けました。
小学校の頃に読んだ詩は覚えていないものがほとんどです。当時大好きだった詩は、タイトルが思い出せません。でも中身はとても愉快な言葉遊びのような面白い詩。偶然にも、紹介された歌の詩を書いた方と同じでした。