おっちょこちょいを直したいです

おっちょこちょいだよね~といわれることが多い私ですが、自分でもイヤになるくらいおっちょこちょいです。煮物を作れば火を消し忘れて焦がす、雑貨屋さんなんかでディスプレイが多くて通路が狭いお店だと必ず何かしらに引っかかって転ぶか、積んであるものを崩す…。ご飯を食べればこぼす、特に白い服のときは必ずと言っていいほど。友達に、「落ち着きなよ」といわれることも多数。自分でも落ち着いて行動すれば大丈夫!と言い聞かせているんですが、毎回何かしら失敗するので落ち込みます。
そんな私は、よく実家へ帰ります。ちょっと離れているので、連休や土日を利用して帰るんですが、実家には私の荷物はほとんど残していないので何もかも持っていかなければいけません。移動時間もそこそこあるので、移動中に読む本も…なんて言い出したらもう大荷物。たった二日の滞在でも、バッグが二つパンパンになってしまうくらいです。その上、パンパンになるほど荷物を詰め込んで持っていくのに、必ず何かしら忘れるんですよね…。めがねを忘れたり、携帯の充電器を忘れたり、本当にその時々で様々なんですが、大体家を出て戻れなくなった段階で気づいて落ち込みます。忘れ物をしないようにチェックシートも作っているんですけどね~?忘れ物が治る薬とか、啓発本とか無いでしょうか(笑)

読書サークルを立ち上げようかと思っています

今、友達と読書サークルを立ち上げようかと相談しています。というのも、私とその友達は会うたびに本の話をしたり、お勧めの本を貸しあったりしているんですが、さすがに二人では限界があるねという話になったんです。もともと私と友達の本の趣味は似ているので、貸そうと思って確認するとお互いにすでに読んでいるということが多いんですよね。私の周りには他にも何人か本好きの友達が居ますし、友達にもやっぱり本好きの仲間が多いようなので、せっかくだからみんなで集まっておすすめを紹介しあったり、語り合ったりしても面白いんじゃないかって言う話になったんです。別の友達にその話をしたところ、面白そうだからやるならぜひ誘って欲しいと言ってくれました。他にも何人か乗り気な人がいるので、みんなの集まりやすい場所や集まりやすい曜日や時間を聞いて実現に向けて動いているところです。住んでいるところがばらばらなので、候補場所をいくつかあげてアンケートをとったり、参加日もいくつか候補をあげて参加できる人が一番多い日にしようなんて盛り上がってるんですが、私が最近ばたばたしているのでなかなか日程が決まらずにいます。でも、実現するなら多少無理してでも時間を作っちゃう!今からとても楽しみです。

小さな美術館でリラックス

ものすごく落ち着いた気分になりたい時には、美術館に行くことが多いです。知名度のある美術館もいいですが、それほど知られていない小さな美術館もいいものです。
ある日思い立って、電車で5駅ほどの場所にある小さな美術館に行きたくなり、すぐに支度をして出かけました。駅から徒歩15分くらい歩きました。初めて行く美術館で、ちょっと緊張しながら入りました。2階建ての建物で、それほど大きくはない美術館です。しかし、中に入ると美術館特有の静けさがあり、心が落ち着いていきます。その日は特別な展示はなかったのですが、常設展として日本画の展示がありました。江戸時代くらいの日本画だったと思います。女の人の顔が多く描かれていましたね。街の様子の絵も多かったように思います。いつもは海外の絵を見ることが多かったので、新鮮でした。
帰りにはその展示の絵のポストカードを数枚購入。気に入った絵のカードを買うのがいつもの習慣になっているので、家には今まで出かけた絵画展などのポストカードがたくさんあります。時々見返すと、美術館の様子なども思い出されて自宅でもリラックスすることができるのです。
まだまだ行ったことのない美術館はたくさんあります。図書館に行くと美術展のチラシがたくさんあるので、便利です。今度はどこの美術館に行こうか、と考えるとワクワクしてきますね。

ラッキーな出会いに感謝!

昨日はすごくラッキーな日でした。なんとなく入った古本屋さんで、大好きな作家さんの本を見つけたんです。ずっと欲しかった本で、新品を買っても良かったんですけど、毎月本を買いすぎてカツカツの生活をしているのでもう何年も前に出版されたものはなるべく古本屋さんで買うようにしてるんです。もちろん作家さんの事を思えば書店で買うのが一番なのはわかっているんですけど…。でも、なかなかその本は古本屋さんにもなくて、見つけたら絶対に買う!って心に決めていた一冊だったんです。
正直なところ今月の本に使える予算はすでにオーバー。でも、今を逃したらまた出会えなくなっちゃうかもって思って手に取りました。値段を見ないままレジへ行ったんですが、なんとその本100円でした!この金額なら、今の私でも安心(笑)早速そのままカフェへ行って、一気に三分の一くらい読んでしまいました。
あまりの幸運にテンションが上がってしまって、友達数名にこのことをメールしましたが、私が本を手に入れてテンションが上がりすぎるのはいつものことなので大半の友達はスルーでした。でも、一人は良かったねと返事をくれて、もう一人は「私もそれ読んでないから、読み終わったら貸して!」と言ってくれてまたまたテンションが上がってしまいました♪こういうラッキーなことがあるから、古本屋通いはやめられないんですよね。

人に親切にするのは難しい

仕事に行く途中急いで歩いていると、私の背後から男の人の声が聞こえてきました。「お姉さん。お姉さん」と呼ぶ声が。周りに人は誰もいなくて、少なくともお姉さんと呼ばれているのは私らしい、と気が付いて声の方を見てみると、50~60代くらいの男性が仰向けで道路に横たわっていたのです。あまりの意外な姿に唖然としましたが、その男性は「ちょっと起こしてくれないかな?」と私に言うのです。
その時は酔っ払いかな?と不信に思ってしまいました。すぐには動けないでいると、その男性は「お姉さん。ちょっと起きるの手伝ってくれないかな?」と続けます。私の頭の中には、急いでいるのに、とか、変な人じゃないのかな?といった疑問がわき上がってきて、すぐには行動できませんでした。しかしその男性は酔っているふうでもなく、本当に動けないようです。そこで意を決して、腕をつかんで起こしてあげました。上体が上がっただけで、男性は「ありがとう。もう大丈夫。ありがとう」と何度もお礼を言ってくれました。体が不自由な男性のようでした。私は、少しでも躊躇した自分が恥ずかしくなってしまいました。もっと早く起こしてあげればよかった、と後になって思いましたが、それは後悔というもの。人に親切にするのは難しいことですね。

叔父に贈った見当はずれのプレゼント

私が中学生くらいの頃、叔父にプレゼントをしたことがありました。その当時、叔父は30歳になるかならないかくらいの年齢。13か14歳だった私は何をプレゼントしたらいいか分からず、本をプレゼントすることにしたのです。叔父は本が好きで、よく読書をしていたからです。その時私が選んだのは、太宰治の「人間失格」でした。なぜ、その本を選んだのか、今となっては覚えていません。その本をその当時の私が読んでいたとは思えず、大人である叔父に贈る本だからと、難しそうな本、ということで探したのだと思います。今思うと、情けなくて、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。その本をもらった叔父が何と思ったかは知りません。その時の表情なども覚えてはいませんが、怒った様子や困った様子はなかったように思います。優しい叔父ですから。きっとその本もすでに読んでいたと思いますが、何も言わずに受け取ってくれました。
年代の違う人にプレゼントをするのは難しいですよね。できれば何か役立ってほしいと思うと本は当たり障りなくて良いかなと思うんですが、選ぶ本によっては私みたいに大やけどしてしまう事もあると思いますし…。これから私が年を重ねて年下の甥や姪に上げることになったら、何を上げたらいいのか迷ってしまうと思います。でも、若い相手なら図書券とかで好きなものを買ってもらった方がいいのかもしれないですね。さすがに年上の方や目上の方に金券は失礼なので渡せないですけど…。本にこだわらなくても、しおりやブックカバーなんかでもいいかもしれませんよね。また機会があればいろいろ考えてみようと思います。

もらった毛糸で編み物マスター

この前、毛糸を大量にいただきました。友人のご実家が糸の問屋さんをしているらしいのですが、そこで余った毛糸です。残糸と呼ばれるものらしいですが、これで商品を作るわけにはいかず処分されてしまうので、友人に配っているようです。
私も段ボール箱で大量にいただいたのですが、編み物は中学生の時にクラスで流行して、それに流されるように少しかじっただけなんです。「せっかくの毛糸だし、ここで本格的にセーターでも編んでみるか!」そう決意して、編み物の本を買ってみました。
編み物の本を読んでみると、初心者はいきなりセーターなどの大物を編むより、マフラーや帽子などの小物から編んでいくのが上達するコツなんだそうです。私はほとんど初心者なので、やっぱりセーターは後回しにして、帽子から編んでいくことにしました。
編んでいくと結構楽しくて、ハマっちゃうんですよ。気づいたら夜中まで編み物してました!(笑)私って結構凝り性だったんですね~!(笑)あっという間にたくさんの帽子とマフラーが出来上がりました♪
出来上がった作品は、うれしくてうれしくて、友達や妹にあげちゃったりして、私の分はまだ出来ていないんですよ…。次に作る編み物こそ、絶対に私のものにしちゃいます!

ドラマ化された小説の原作を読む

話題になった小説がテレビドラマ化されることって、よくありますよね。また話題になったドラマもよくよく調べてみると、原作が小説だったりすることって、よくあります。話題になるってことは、それだけストーリーが面白い小説に違いない!って思って、原作をチェックすることにしているんです。やっぱり原作を読むと、そのお話の本質がよくわかります。。ドラマだと何かと省略されちゃってる部分や、話が飛んでいたりすることもあるんですよね。時間の関係でしょうね…残念です。それでも話はつながるのですが、やっぱり原作を読むと「なるほど!」って思える部分が多いので、私は必ず原作を読むことにしているんです。
ついこの前までやっていた連続ドラマも、元々は小説が原作だったようですが、私はこのドラマがやる前に原作のほうを読んでいたんです。原作を先に読んでいる人にありがちな「やっぱり原作にはかなわないよね~」を、つい言っちゃいますね!(笑)
また近いうちに、新しいドラマがテレビで放送されるようなんです。私が読んだ作品は、だいたいテレビドラマ化されちゃうことから私には先見の明があるのかな??こちらも原作を先に読んでいることもあって、また原作と比べちゃう日々になっちゃいそうです!(笑)

求人誌で仕事に納得

町中や駅にちょっとした冊子や求人誌などが置いてあることがありますよね。私はついその冊子を取っちゃうんです。求人誌なんかがあると、絶対に取っちゃいます。特に仕事を探しているわけではないんですけどね。あれによく書いてあるコラムなんかが、わりと面白かったりするんですよ。電車のなかで、何か読み物が欲しい時なんかも便利です。
求人誌というからには、もちろんメインは求人募集ばかりなのですが、「仕事の心得5カ条」なんてあると、よし明日からこの教訓を心にがんばるぞ!なんて一人で張り切っちゃったりするんですよ(笑)
でも求人情報を見ているとなぜか落ち着くんですよね。
「日本もまだまだ人手不足の会社があるんだ」って、ホッとします。仕事でイヤなことがあって「もうお仕事辞めたいな、転職しようかな」って思った時も、求人誌を見て意外と自分の会社が恵まれていることに気づいたりします。
実はついこの前も転職しようと思っちゃったりしたんですよね~。今回は特にイヤなことがあったわけではないのですが、なんとなく自分にキャリアをもっと積みたいとか、今の職種とは全然違う分野でがんばってみたい!なんて思っちゃって・・・。でも私は、やっぱり今の会社が大好きみたいです!(笑)

文庫本をお取り寄せしました

先週、はじめて書店で「文庫本お取り寄せ体験」をしちゃいました。こんなに本が好きな私ですが、わざわざお取り寄せってしたことがなかったんですよ。今までは何か本が読みたいと思っても、書店に並んでいるなかから選んだり、そこでも気に入ったのがなかったら、わざわざもっと大きな書店に足を運んだりしていたんですけどね。そんな私がお取り寄せですよ!普通に本をお取り寄せしている方から見れば、何でもないことなのかもしれませんが、私にとっては一大事でした!
だってお取り寄せすると、ちょっと面倒かなぁ・・・って思っていたんです。注文して、書店から電話があるのを待って、それから取りに行って・・・って考えると、どうもおっくうになってしまって!(笑)でもどうしても読みたい本があったので、実際にお取り寄せしてみると、意外と簡単でした!
しかも、待ちに待った本です!お取り寄せしてまで読みたかった本です!手元に届いたときは「やったぁ!!」って気持ちがいっぱいになって、夢中で読んじゃいました!
やっぱり読みたい本は、お取り寄せするのもひとつの方法ですね♪おかげでしばらくは徹夜で読書の夜が続いちゃいましたが、かなり充実感でいっぱいでした。またお取り寄せしてみようかな。